トラムセットとコーヒー(カフェイン)やグレープフルーツは併用OK?

 

コーヒーや紅茶・緑茶といったカフェインが入った飲み物や、グレープフルーツ、牛乳など、医薬品との飲み合わせが気になる飲料は意外と多いです。「トラムセットとはどうなの?」と考える人もいることでしょう。

 

ここでは、トラムセットとカフェイン飲料、グレープフルーツなどの相性を説明します。

 

カフェイン飲料・グレープフルーツなどの問題点を知ろう

 

まずはじめに、カフェインが入ったコーヒー・紅茶など飲料、そしてグレープフルーツジュースなどの飲料と、医薬品の飲み合わせが悪くなる理由を知っておきましょう。

 

ちなみに、飲料と言うとアルコールも気になるところですが、トラムセットとお酒の相性については

 

>>お酒(アルコール)はリスクあり!飲酒の影響とは?

 

↑で解説しているので、チェックしてみましょう。

 

カフェインが入ったコーヒー・紅茶・栄養ドリンクなど

 

カフェインが入った飲料はコーヒーや紅茶、緑茶、営業ドリンクなどいろいろあります。では、カフェインにはどんな作用があるのか見てみましょう。

 

覚醒作用 カフェインの代表的な作用が「覚醒作用」。そのため、抗うつ・睡眠薬の作用を相殺することがある。一方、覚醒作用のある医薬品の場合、作用を強めることもある。
血管収縮作用 血管拡張が必要な喘息治療薬などの効果を薄める可能性がある。
胃酸分泌量 胃酸が増えるので、胃潰瘍や逆流性食道炎を悪化させてしまうことがある。

 

カフェインの作用とリスクについては上記のとおりです。

 

タンニン酸

 

お茶の葉にはタンニン酸と呼ばれる成分が含まれています。このタンニン酸には鉄の吸収を妨げる作用があるので、貧血予防で鉄剤を服用しているときは注意が必要です。お茶の葉全般が問題なので、紅茶や緑茶、ジャスミン茶、ウーロン茶など注意すべき飲み物は多いです。

 

グレープフルーツジュース

 

グレープフルーツは注意すべき飲み物の代表例。理由は、「CYP3A4」という代謝酵素の作用を阻害するからです。「CYP3A4」を代謝に利用する医薬品は意外と多く、併用すると医薬品の血中濃度が下がりにくくなり、さまざまなトラブルが起こるおそれがあります。ジュースだけでなく、果肉はすべてNGなので、果肉をそのまま食べたり、ゼリーにして食べるのも禁止です。

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品

 

医薬品によっては、牛乳によって吸収スピードが遅くなったり、速くなったりします。そのため、用法・用量を守っても思ったような作用が得られなくなります。

 

飲料と、一部の医薬品の相性が悪い理由は↑のとおりです。

 

トラムセットと各種飲料の飲み合わせはどうなの?

 

次に、トラムセットと各種飲料の飲み合わせについてみていきます。

 

飲み物

説明

相性

カフェイン飲料

カフェインには覚醒作用があるので不眠が増強される恐れがある。

タンニン酸

トラムセットは鉄分とは関係ナシ

グレープフルーツ

トラムセットは「CYP3A4」の代謝経路もある

牛乳

トラムセットは牛乳で吸収の遅れなどは出ない

 

↑はトラムセットと各種飲料の相性一覧です。

 

気を付けるべきなのは2点で、まずカフェイン飲料です。カフェイン飲料には覚醒作用がありますが、トラムセットにも「不眠」の副作用があるので、たまたま不眠の症状が出た際に、カフェインが症状を重くしてしまう恐れがあります。

 

カフェイン飲料でトラムセットの鎮痛作用が落ちるわけではありませんが、副作用として不眠が出ていないかどうかは押さえておくべきでしょう。なお、お茶の葉に含まれるタンニン酸については問題ありませんが、お茶の葉を使った飲料はたいていカフェインが入っているので、そういった意味ではお茶はあまり相性がよくありません。

 

次に気を付けたいのはグレープフルーツです。すでに解説した通り、グレープフルーツはCYP3A4の代謝酵素の働きを抑えてしまいます。トラムセットの代謝はCYP2D6で行われますが、CYP3A4での代謝経路もあります。

 

(±)-TRAMは主に肝臓でCYP2D6により活性代謝物(±)-M1に代謝される。また、その他の主な代謝経路は、肝臓でのCYP3A4によるN-脱メチル化、グルクロン酸抱合及び硫酸抱合である。
参考ページ:トラムセット添付文書

 

CYP3A4は主な代謝経路ではありませんが、使用していることは事実なので、できればグレープフルーツは控えたほうがいいでしょう。

 

水以外の飲料でトラムセットを服用するのはやめよう

 

各種飲料とトラムセットの飲み合わせについて解説しましたが、牛乳は基本的に問題ありません。

 

だからといって、「牛乳でトラムセットを服用する」というのは避けたほうが良いでしょう。というのも、トラムセットの用法・用量は、原則として「お水で服用した場合」を想定しています。なので、もし牛乳で服用してしまうと、ちょっと大げさな言い方になりますが「何が起こるか不明」ということになってしまいます。

 

特別重いトラブルになることはないはずですが、トラムセットの効果が弱まるなど、何か起こる可能性は否定できません。なので、トラムセットは必ず水で服用するよう心がけましょう。