トラムセットのod(過剰摂取)の危険性

 

odは大量摂取のことで、「オーバードーズ」の略称となります。用量を大幅に超える服用をしてしまうことを指しています。依存性や耐性がある抗うつ薬や睡眠薬などでよく起こります。

 

耐性が付いてきてだんだん服用量が増えるケース、そして精神的な安定を失って大量にodしてしまうケースなどがあります。

 

トラムセットは抗うつ・睡眠薬ではないのでodにはならなさそうですが、依存性・耐性があるので、「最近効かなくなってきた」と考えてodに至ってしまう可能性はあります。

 

それと、うつなどの精神疾患の治療をしていて、トラムセット以外に医薬品を服用しているパターンもあります。その場合、それらの医薬品の影響でodに至ってしまい、手元にあったトラムセットもついでに大量摂取してしまうということは考えられます。

 

つまり、トラムセット単体だけでなく、併用している医薬品の影響でodに至ってしまうことがあるので、決して油断はできないのです。

 

トラムセットの致死量ってどのくらいなの?

 

トラムセットのod(大量摂取)では、最悪の場合致死量を超えて死亡してしまうパターンが考えられます。そこで、トラムセットの致死量を知っておくことが重要です。

 

LD50(半数致死量)という指標があり、半数が死亡する服用量はわかっています。

 

トラムセットの場合は、

 

種別

LD50

マウス

350mg/kg

参考:Tramadol - DrugBank
(※トラマドールでの数値)

 

動物実験のデータではありますが、体重1kgあたり、350mgのトラマドールを服用するとLD50に達してしまうということがわかります。一概に人間に当てはめることはできませんが、体重が60kgだとすると21000mgのトラマドールを服用するとLD50に達してしまうことになります。

 

これをトラムセットに換算すると、およそ560錠分となります。560錠というと多く思えますが、そのくらいであればodに至るケースはありえるので、油断はできません。

 

また、勘違いしてはいけないのが、この数値はあくまで半数致死量の数値です。そのため、例えば50~100錠程度でも、低確率ながら一定の死亡率はあるはずです。「500錠以上服用しないので安心」という話ではない点は抑えておきましょう。しかも、他の医薬品を併せてodしたときは、合算となるので致死量に達する可能性は跳ね上がります。なんにしても、用法・用量をはしっかり守ることが必須です。

 

それと忘れてはいけないのが、仮にトラムセットの過剰摂取で致死率には至らなかったとしても、副作用の「眠気」や「めまい」などが強く出てしまい、転倒によるケガ、事故などが考えられます。自分だけでなく、他人を巻き込んでしまう可能性があることもしっかり考慮しましょう。

 

もし大量摂取してしまったら

 

万が一、トラムセットをodしてしまったときの対処法は「意識があるか、ないか」で変わってきます。もし意識がはっきりしているときは、まだそれほど危険度が高いわけではないので、横になって安静にし、様子を見ましょう。無理やり吐き出そうとすると、胃酸が食道を傷つけるおそれがあります。ただ、念のため医師の診察は受けておきましょう。

 

もし呼吸が浅かったり、意識が薄い・ないという場合は、すぐに救急車を呼んで対処してもらいましょう。胃洗浄などの処置が行沸得ることが多いです。

 

トラムセットのodをしてしまう一番の原因は、ほとんどの場合知識をしっかり持っていないことです。服用している医薬品についてはしっかり学んでおき、用法をしっかり守る気持ちが重要です。