トラムセットとお酒(アルコール)の併用は危ない

 

医薬品を処方されるときに、「お酒は控えてください」なんて話をされた経験がある人も多いでしょう。そのため、トラムセットとアルコール(お酒)の関係が気になるところです。

 

ここでは、トラムセット服用中の飲酒のリスクについて解説します。

 

まずは添付文書でアルコールの記述を探してみよう

 

トラムセットと飲酒の関係を見るために、アルコール(お酒)に関してどんな記述があるのかを確認してみましょう。トラムセットは「トラマドール」と「アセトアミノフェン」の配合錠なので、これら2つの添付文書をチェックしてみました。

 

トラマドール

呼吸抑制が生じるおそれがある。
参考ページ:トラマドール添付文書

 

アセトアミノフェン

アルコール多量常飲者がアセトアミノフェンを服用したところ肝不全を起こしたとの報告がある。
参考ページ:アセトアミノフェン添付文書

 

まずトラマドールについてですが、お酒(アルコール)とトラマドールには両方とも中枢神経(呼吸神経)を抑制する働きがあります。その2つの成分を併用すると、呼吸抑制作用が増強され、呼吸障害に陥る可能性があるのです。

 

また、アセトアミノフェンに関してですが、肝臓で代謝する医薬品となります。アルコールも同様に肝臓代謝となるので、併用すると肝臓のへの負担が大きくなるのです。普段お酒を飲まない人ならそれほど心配ありませんが、お酒をよく飲む人の場合ただでさえ肝臓障害のリスクがあるので、アセトアミノフェンによって肝臓障害が悪化する確率が上がります。

 

トラムセットはこれらのリスクを併せ持っているわけですから、添付文書では「併用注意」という扱いです。なので、できればお酒とトラムセットは併用しないほうがいいでしょう。

 

アルコール依存症患者の場合、トラムセットの服用は「禁忌」となっています。これは「絶対NG」という意味なので、併用は禁止となります。

 

アルコール依存症でなければ、トラムセットとアルコールを併用して呼吸困難などになっても、それ以降アルコールをやめることで最低限の対処はできます。しかし、アルコール依存症の場合、危険性があることがわかっているのにお酒を飲むのをやめられず、大きなトラブルになる可能性が高いのです。そのため、依存症の場合はトラムセットを服用することはできません。

 

お酒がトラムセットの効果を落としてしまう

 

トラムセットと飲酒のリスクをいろいろ解説しましたが、それ以外にもリスクはあります。というのも、トラムセットを服用しているということは、ヘルニアや坐骨神経痛や帯状疱疹後神経痛などの治療をしているケースが多いということになるからです。

 

例えばヘルニアのケースでは、お酒は症状悪化につながる重大なリスクです。飲酒しすぎたことによって、ヘルニアが極端に悪化するなんてこともよくあります。同じく坐骨神経痛のケースでも、アルコール摂取によって筋肉が弛緩し、症状悪化につながったという例があります。「お酒を飲んだ次の日は、神経痛が悪くなった」なんて経験をした人も多いことでしょう。

 

つまり、そもそも神経痛がある場合はお酒(アルコール)は推奨されないのです。神経痛とアルコールは相性が悪く、トラムセットの服用期間が無駄に伸びてしまうことにもつながります。できるだけ早く治療して、トラムセットの服用期間を短くするのが原則ですから、そういう意味でもアルコールとトラムセットは併用注意となります。

 

どうしても飲まないといけない場面ではどうする?

 

アルコールとトラムセットの併用は、できるだけ避けるべきです。しかし、飲み会や冠婚葬祭の場面など、飲酒を断りきれないケースはあるかもしれません。それに、週末の晩酌が楽しみで、禁止されたらストレス解消の方法がないなんて人もいるでしょう。

 

そんな場合は、アルコール度数が少ないお酒を1杯程度にとどめることを条件に、お酒を解禁するのも手です。無理に禁酒をすると立場が悪くなったりなんてこともあるかもしれないので、「少しなら飲んでもいい」と自分の中で決めておくのがいいでしょう。トラムセットとアルコールの併用はあくまで「注意」なので、週に1回~2回程度なら問題にはなりにくいです。

 

ただ、ちょっとでも飲酒するとタガが外れて大量飲酒してしまうような人は、最初から禁酒と決めたほうがよいでしょう。また、「飲むと次の日神経痛が悪くなる」という場合も、お酒は控えたほうがいいです。もし痛くなるのに飲みたくなるようだと、アルコール依存症の恐れがあります。その場合はトラムセットとの併用は禁忌なので医薬品の変更が必要ですし、神経痛がどうのというよりもよっぽど危険な状態と言えます。